スカルプナビ

薄毛や抜け毛などのお悩みをサポートする情報サイト

頭がかゆいの止まらない!今すぐ出来る15つの対策!

「とにかく何してても頭がかゆすぎて、かさぶたになるまでかいちゃう!」

今そんな状況でしょうか。私もよく頭がかゆくてどうしようもない時がありました。

頭がかゆいのって、虫歯と同じくらいコンディションも悪くなるんですよね。気も散って集中出来なくなるし、止めようと思ってても気付いたら掻きむしってしまうんです。

でもこのままじゃできものが出来たり、頭皮が傷ついたり抜け毛が増えてはげちゃう・・・?!なんて不安も出てきてしまいますよね。

 

「だけど、出来れば病院に行って皮膚科に通う前になんとか自分で改善したい!」今回はそんなあなたのために、頭がかゆい原因と今すぐ出来る改善策をまとめてみました。

まずはなんでかゆくなるのかを突き止めて、一刻も早く直しましょう!

今すぐ出来る対策

毎日のシャンプーや日々の習慣でかゆみを防ぐことは出来ます。ので、紹介していきたいのですが、「とにかく今めっちゃくちゃかゆい!」という時にすぐにどうにかしたいですよね。

そんな緊急事態のあなたのためにまずはすぐに出来る対策からまとめていきたいと思います。

ホットタオルで温める

頭に限らずかゆい時には温めるとかゆみが和らぐ気がします。美容室に行ってトリートメントをするとホットタオルで温められるのですが、あれってすっごい気持ちいいんですよね。実は家でも簡単に出来るので作ってみましょう。

作り方は簡単。タオルを濡らして軽く絞ってレンジで約40秒くらいで完成です。(時間は調整してみて下さい。たまにめちゃくちゃ熱くなるので火傷に注意!)

出来上がったら頭に巻きましょう。気持ちいいです。他にも、肩こりとか目の疲れとか、なにかあるとホットタオルを作るくらい私もハマっています。

水で洗う

もし今自宅にいてとてもかゆい状態なら、一度シャワーのみで頭を流してみましょう。軽い刺激を与えることでかゆみも治まりますし気持ちいいです。

また、お湯をためて頭を流していると分かるのですが、細かいシャンプーなどのカスが結構出てくると思います。やっぱりそういった目に見えにくいような汚れが残っているんですよね。

あとは、お湯から水にして頭にかけてみる。冷たくてヒヤっとしますが、頭皮がギュッと引き締まる感じがするし、荒れた頭皮がクールダウンしてサッパリします。

かくなら押す!

かゆすぎて居ても立ってもいられない状況の時!とてもピンチですね。しかし、かけばかくほどかゆくなってしまいます。どうしようもありません。

そんな時には思いっきりかく!のはこらえて、マッサージのようにかゆい部分を押しましょう。押すだけなら頭皮も傷つけませんし、かゆみも一時的に抑えることが出来ます。

また、最強にかゆい時にはヘッドスパに行くという手もあります。最近ではヘッドスパだけでもOKの美容室が増えていますし、めちゃくちゃかゆい時に行くと最高に気持ちいいですよ。

シャンプーは一番の原因に

かゆくなる原因に最も関わりがあるのがシャンプーです。お風呂に入ってなければ頭がかゆくなるのもフケが増えるのも分かりますよね。

ですが、毎日お風呂に入ればいいということだけではなく、洗い方やそれ以外にも注意しなくてはいけないポイントがあるんです。

まずはこちらからチェックして、出来るところから改善してみて下さい。

薬剤は直に付けない

まず先に、シャンプーを出したらそのまま頭に付けてしまう人もいるようですが、シャンプーは洗浄力が強いのでそのまま付けないほうがいいです。

頭につけるまえに、まずはしっかりと手で泡立ててから、泡を乗っけていくと良いです。泡立ちが悪い場合はちゃんと髪が濡らすようにしてみて下さい。

またもちろんですが、リンス・コンディショナー・トリートメントは髪の毛をコーティングするものなので、頭皮には付けないようにしましょう。

爪を立てないように洗う

まずはシャンプーの正しい方法。感覚としては”髪の毛”ではなく”頭皮”を洗うというイメージですね。

また、この時に爪を立てて洗うと頭皮が傷ついてさらにかゆくなってしまいます。虫刺されもかけばかくほどかゆくなりますよね。

指の先の平を使って、頭皮をマッサージするように、揉み込む感じで洗っていきましょう。

”洗う”より”流す”が大事

シャンプーばかりに目が行きがちですが、実はかゆみやフケの原因のほとんどはシャンプーの「流し残し」です。なので、よく洗ってもしっかり流さないと逆効果になってしまうんですね。

面倒くさいからとササッとしか流さなかったり、泡を落とすだけの人は要注意。シャワーを当てながら頭皮に付いたシャンプーをしっかりと取っていきましょう。

目安としては、シャンプーと同じくらい流しにも時間をかけましょう。それくらい大事ですよ!

乾かすまでが洗髪

「家に帰るまでが遠足」みたいな感じですが、何事も最後まですることが重要です。

せっかく頭をキレイにしても、濡れたままでいると寝ている間にも菌が繁殖。ダニやら虫やらでまたかゆさが倍増してしまいます。

と言っても毎回乾かすのって時間もかかるので面倒ですよね。速く乾かすポイントは「先にタオルでしっかりと拭く」ということです。

濡れたままでドライヤーを当てても時間がかかるので、今までよりも倍の時間をかけてしっかりと拭きましょう。タオルで吹きながらドライヤーをあてるというダブルの方法は美容師さんの必殺技です。

夜に入る

先程も言った通り、寝ている間は菌が増殖するので頭もかゆくなりがちです。私も朝風呂をしている時代がありましたが、フケも多くなっていました。

また、枕も汚れてしまいますし菌も付いてしまうのでよくありません。シャンプーするなら必ず寝る前にしましょう。

シャンプーを変える

今ではシャンプーが見直されていて、安いシャンプーを使っている人はとても少なくなりました。なぜなら、市販で売っているシャンプーには「合成界面活性剤」が使われているためです。

分かりやすく説明すると、「合成界面活性剤」は泡立ちを良くさせて洗浄力も強くなり、さらに安価という利点があります。

それによって「洗えてる感」は出せますが、洗浄力が強すぎるせいで必要以上に汚れを取りすぎてしまい頭皮も痛めますし肌も荒れてしまいます。(他にも多くのデメリットが・・・)

一言で言うならば、こってりラーメンみたいなイメージでしょうか。安くて美味しいしお腹もいっぱいになるけど体には良くありませんよね。

シャンプーも、いい香りで泡立ちが良くて安くても、肌にも髪にも頭皮にも悪い影響を与えてしまいます。ので、「合成界面活性剤」を使っていないシャンプーを選ぶようにしましょう。

育毛剤を使う

一見かゆみには関係ないような気がするかもしれませんが、頭皮のトラブルには育毛剤もおすすめです。

育毛剤とはそもそも頭皮に栄養を与えて髪を元気にするものなので、頭皮が健康になればかゆみも和らぎますし、育毛剤って使うとスッキリしていて気持ちいいんですよね。

もちろんかゆみを止めるものではありませんが、かゆみのせいで抜け毛が増えてしまったりちょっと気になる人は特に育毛剤もセットで使うのがおすすめです!

普段気をつけたいこと

シャンプー以外にも日常から気をつけたいポイントがいくつかあります。

ちょっとしたポイントでもかゆみの原因になりえますので、是非こちらもチェックしていきましょう。

帽子

当たり前ですが、帽子をしているとムレてかゆくなります。また、帽子って普段ほとんど洗いませんよね。これも不衛生ですしかゆくなる原因になります。

出来るだけ清潔に保って、室内では外すようにしましょう。

ワックス

ワックスやムース、スプレーなどの整髪料もかゆみの原因になります。注意点が2つあります。

1つは「地肌にまで付けていないか」。髪を立たせる時にはワックスを根本にまで付ける場合がありますが、根本からはすこしあけるようにしましょう。

もう1つは「付けすぎ」です。整髪料が付いてると汚れもくっつきやすいですし、洗っても完全に取ることが出来ずに残ってしまうのでかゆみの原因になってしまいます。

爪を切る

かくのをなんとか我慢しても、寝て朝おきたら頭皮がちょっと痛い。そして指を見ると爪の中に血が付いていた・・・。なんてホラーのようなことがたまにあります。

そう、寝ている間にかいてしまうんですね。私もストレスが溜まってるのでしょうか・・・。

対策として手袋を付けて寝てみたりしたのですが、暑いし気持ち悪いしで朝起きると必ず脱げているんですよね。

なので、万が一かいてしまった時のために爪は深めに切っておきましょう。頭皮に傷が付いたらもっとかゆくなります。

生活習慣も原因になる!

いくつか改善策をまとめてみましたが、しょっちゅう頭がかゆくなる人は生活習慣から見直した方が良さそうです。

食事や睡眠など規則正しい生活はもちろんのこと、その他でも気を付けたいいくつかのポイントを最後にまとめてみます。

タバコは良くありません

体に悪いとは分かっていてもやめられないタバコですが、実は髪の毛にも大きな影響を与えてしまいます。

と言われてやめられたら苦労はしませんが、せめてお風呂に入ってから寝るまでには吸うのを辞めると多少は変わってくるはずです。

ストレス発散

頭がかゆくなるのはストレスが原因だとも考えられます。不安でいっぱいの人や精神的苦痛を味わった人が頭を掻きむしる動作をするところを見たことがありますよね。

なので、そんな時にはストレス発散になるようなことをしてみましょう。スマホやゲームなどは逆にストレスに繋がることにもなりかねないので他のことがいいですね。

個人的にはやっぱりお風呂に浸かって本を読むとか、ヘッドスパに行くのがおすすめ。リラックスも出来るしかゆみも収まるし、いいと思います。

まとめ

かゆい時に思いっきりかくと気持ちいいですよね。でも、その後が大変なんですよね。

そんな悪魔のいたずらとも言えるかゆみに対抗する対策を15つも紹介してきましたが、少しでもためになるものはありましたでしょうか。

是非参考にしていただけたらと思います。

 - 自宅で出来る頭皮ケア

  関連記事

睡眠不足で抜け毛が増える?!薄毛にならない9つの眠り方

男なら誰もが不安になるもの。それは抜け毛です。朝起きて枕を見るとビッシリ毛が付いていたり、お風呂の排水口にゴッソリと詰まっている抜け毛を見て...

全部試したい!お金がかからず今スグ出来る9つの薄毛予防

数えきれないほど生えている髪の毛。しかし無限のように見えて実は有限。年齢や環境など様々なことが原因となり、日に日に少しづつ少なくなっていくの...

薄毛の人はチェック!正しいシャンプーの仕方を11項目にまとめてみた

生まれてから今もこれからも毎日やり続ける習慣。そんな当たり前なことの1つがシャンプーですが、実際にちゃんとしたやり方を教わったという人は少な...