スカルプナビ

薄毛や抜け毛などのお悩みをサポートする情報サイト

薄毛のあなたがips細胞の実用化を待ってはいけない6つの理由

私が20代前半の頃、いわゆる「若はげ」と呼ばれる友人がいて、やはり周りからは「ハゲてきてない!?」「ヤバイんじゃない?!」とネタにされたり笑われたりしていました。

しかし、その友人はこう言いました。

「完全にハゲる前には医学が発達して髪の毛なんてカンタンに生やせるようになるんだ!」

この世にハゲはいなくなる時代がくる。そう訴える友人を笑いはしましたが、内心では「確かにそうだ。これだけハゲに悩んでいる人がいる中でこんなに科学も進歩しているわけだから、数年後にはきっとそういう時代になるだろう」と、そんな未来が来ることは不自然ではないように思えました。

そして時は経ち20代後半。「ハゲても大丈夫!」「未来にハゲはいない」と安心しきってぐうたらと過ごしていた私は、そんな友人の頭を軽く追い越して一気にハゲていました。

そしてさらに、予想もしていなかった驚愕の現実がここに待っていたのです。

「待ちに待った未来。しかし、ハゲは相変わらずうじゃうじゃいる!」

こんなんだったら、もっと早く髪の毛を守ってあげればよかった。しかし後悔しても失った髪の毛は戻ってきません。

しかし、そんな感じで毎日覇気なく頭を隠しながら生活していたある日、とんでもないニュースが目に飛び込んできたのです。

「iPS細胞で髪の毛が生える!!!」

・・・やっと、やっときたか未来!やっと夢にまで見たハゲのない世界が訪れようとしている。私だけでなく全国、いや、世界中のハゲ達の目に輝きが戻ったことでしょう。

今までは見えない未来に頼りすぎたが、これからは侮らずにしっかりと生きていこう。そして、今は大分無くなってしまった髪の毛だが、ありがとう。iPS細胞さえ完成すればこの悩みとはおさらば・・・。

 

と、思ったのもつかの間。実はこのiPS細胞で髪の毛を生やそうと思ってはいけない理由があったのでした。

iPS細胞が実用化されるのは何年後?

iPS細胞とは、万能細胞と呼ばれている画期的な技術の1つです。ザックリと解説すると、その細胞は体中のどの細胞にもなるという物です。

例えば消えない傷痕も、iPS細胞が皮膚になるために完治出来るようになるし、視力が落ちてしまった人もiPS細胞で角膜や網膜を作れるので視力も回復。さらには精子まで作れるために不妊治療中の人や、はたまた同性愛者同士など、子供を授かることのないはずの2人に子供を作ることだって出来てしまうのです。

そしてこの万能細胞は髪の毛の細胞にもなってしまえるので、毛根が完全に活動停止してしまったとしても新しく髪の毛を生えさせることが出来てしまうんです。

 

というわけで、もしこのiPS細胞が実用化すれば実質様々な病気や悩みがなくなると世界中が注目していますし、もちろん薄毛界にも革命を起こすものとなっており、私も両手を上げて喜んでいたわけです。

が、しかし、このiPS細胞の実用化を待ってはいけない理由があります。それは、いつ実用化するかが分からないということです。

しかしそう言われたところで「うるさい!せっかくの希望を踏みにじるな!」と反発してしまうかもしれません。

 

ですが、そんな方も一度落ち着いて、冷静になって考えてみましょう。本当にiPS細胞を薄毛の希望として見ていいのか。その理由を今から紹介していきます。

1、実用化されるまでは薄毛でいなければいけない

iPS細胞が本当に実現して、世界中のはげがいなくなるとしたら、もうコレ以上悩むこともないし、効くか分からない育毛剤を高いお金出して買ったり薄毛対策をする意味もなくなります。

しかし、このiPS細胞はいつ実用化されるかは分かりません。1年後かもしれないし3年後かもしれない。または余裕で10年以上かかるかもしれません。

それなのにもしこのiPS細胞の実用化を待つというのであれば、未来は良くても今。若く貴重なこの時代は薄毛の悩みを抱えながら生きていかなくてはなりません。

よく考えてみたら10年後よりも薄毛で悩んでいる今解決しなければ意味がありませんよね。このままずっと薄毛が進行していってしまい、薄毛として数年間の人生を歩んでしまったら、のちに薄毛を改善出来たところで対して人生が変わらないような気もしてきます。

2、費用が高すぎて一般人には手が届かない

iPS細胞を使うのにどれくらいの費用がかかるかは検討もつきませんが、こんな魔法のような方法が決してお手軽価格で出るわけがありません。

また、もし安く利用出来るようになったとしましょう。大げさに言うと、もう病院に行く人がいなくなります。虫歯が出来ても新しい歯も作れるし、視力も次々にiPS細胞が治してしまうので次々に個人院が潰れてしまいます。

さらに、ヘアケア業界に関していえば、手軽に髪の毛を生やしてしまったら4,000億円以上もあるといわれている市場が崩壊してしまいます。

つまり、誰でもこの技術を使えるようになってしまえば、病気や悩みは治るかもしれませんが、会社が次々に潰れてたくさんの人が路頭に迷ってしまいます。また、これは日本国でさえも崩壊してしまうほどのダメージがあります。

 

これはちょっと大げさな例えですが、もしこの夢の細胞が手軽に誰も使えることにはならないと断言してもいいくらいですね。実用化したとしても一般人には手の届かないような価格になるでしょう。

3、薄毛が進行していればさらに高額に

例えば波平さんのように、後頭部以外はほとんど残っていない状態の人と、軽く気になる程度の人が同じ料金なわけはありませんよね。薄毛がより進行してしまっている人ほど施術する範囲が広まりますのでその分も料金は高くなりそうな気がします。

なのでiPS細胞の実用化に頼りすぎて薄毛の進行を放っておけば、実用化されたところで負担がさらに大きくなりすぎて手が出せない状態になってしまうこともあるかもしれません。

iPS細胞を待つのは問題ありませんが、かと言ってこのまま薄毛を進行させていいわけではありません。

4、リスクも怖い

日本人なら誰もがある感情だと思うのですが、正直一番の実験台にはなりたくありませんよね。もしiPS細胞が実用化したとしても、そのリスクはないのかが気になります。特に新しいものは実例が少ないわけなので、万が一のことを考えると怖いですよね。

なのでiPS細胞が実用化してもすぐには怖くて手が出せません。しかし、少し様子を見て色んな人の口コミや体験談、途中経過を追っていたらいつまででも出来なくなります。

夢のようなiPS細胞ですが、安心して信じきっていいのか。何をするにも口コミが気になる日本人にとっては特に難しそうですね。

5、薄毛の実用化は遅くなるかも!?

上記で紹介しましたが、このiPS細胞は発毛以外にも今まで絶対に解決することがムリだと思われていた病気や悩みの希望の光になります。

特に目が見えない人や、重度の病気の人、子供が出来ない人には、言葉も出ないほどの感動を与えることが出来るでしょう。

そして、発毛ですが、比べてみるとどうでしょう。薄毛の人にとっては切実な悩みですが、比べるとなんか弱いですよね。周りは命に関わることですが、はげでも生きてはいけます。

つまり、個人的な考えではありますが、iPS細胞の発毛技術はなんだか後回しになりそうな気がします。

「そんなことを実用化するならもっと他に優先させるべきことがあるだろう」と薄毛の私でもそう思ってしまいます。

 

なのでiPS細胞が実用化されたとしても薄毛の悩みを救ってくれるのはもしかしたらもっと時間がかかるかもしれません。

6、そもそも出来ないかもしれない

iPS細胞がそもそも実用化されないかもしれない。その大きな理由があります。それは、この技術がヤバすぎるからです。

もちろんこれは推測ですが、こんな細胞が出来てしまったら、次の2つのことが出来るようになるかもしれません。

不老不死

人間の体は年と共に弱ってしまったり古くなってしまったりと、つまり老いていきますよね。

しかし、この万能細胞がその名の通り全ての細胞になれるのなら、古くなった細胞を全取り換えすることが出来るかもしれません。

そうなると、体から臓器まで生まれたての状態に戻すことも出来るのでしょうか。もしそうなら、一生年を取らない体を作ることが出来てしまうのかもしれません。

クローン

例えばあなたの髪の毛を盗み出し、そこから細胞を取り出したとします。その細胞は精子や卵子に変換することが出来るために、勝手にあなたの子供を作ってしまうことが出来てしまいます。

そしてこの方法を使えば、無限に人間を生み出すことも出来るということとなります。

 

書いてて「何言ってんのかな」と自分でも思えてきましたが、ありえないことではありませんよね。不妊治療に使えるのであれば、このように人間を大量生産したりクローンを作ることも出来るはずです。

そしてそれ以外にも数多くの課題があります。そのために、どのような形で実用化されるのか。または、本当に実用化されるのかはまったく想像出来ません。

7、発毛が可能になるかは分からない

話を聞く限りはとっても素晴らしい夢のような細胞ですし、話を聞けば聞くほど薄毛の悩みとはおさらばな気がしてきてしまいます。が、実際に発毛するのかは今の段階では分かりません。

なぜなら、当たり前ですがまだ実用化されてないからですね。してみないことには本当のことは分かりませんし、必ず薄毛が改善するなんて保証はありません。

疑っているとか、iPS細胞が嘘だとか、そうは私は思いません。思いませんが、それに人生を預けるには危険過ぎるとは思っています。

まとめ:iPS細胞に頼らず今から薄毛対策をした方がいい!

以上iPS細胞の実用化を待ってはいけない7つの理由でした。

私も昔は、「いつか科学がなんとかしてくれるからハゲても大丈夫!」と頼ることしかせずに、自分自身から調べたり、行動に移すようなことは一切しませんでした。

その結果髪も抜けてきて、髪生え薬も発明されず、iPS細胞が発表されるもいつ実用化されるか分からないという、絶望的な未来を迎えてしまいました。

しかしこれは科学が悪いのではありませんし、薄毛の遺伝を継がせた親が悪いのでもなく、何かに頼ってばかりで甘えていた自分のせいだと気付かされます。そんなことではハゲても仕方がありません。

 

しかし、過去を悔やんでもしかたありませんし、そんな暇はありません。なぜならばそうしている間にも髪の毛は着々と後退していっているからです。

気付いた今がその時です。iPS細胞に頼らず、実用化なんて待たず、今スグに自分に出来る薄毛対策を始めましょう!

 

最後にもう一度。

「iPS細胞があるから大丈夫だ!」

と、心の支えには存分にするべきです。が、iPS細胞に頼ってはいけません。

  1. もし実用化されなかったら。
  2. 実用化に10年かかってしまったら。

という風に、もしもの事を考えて、今からでも薄毛対策を始めるべきですね。

そして、もし、もし万が一薄毛対策がきかずにハゲてしまったら。iPS細胞の実用化を最後の手段として期待しましょう!よろしくお願いしますiPS細胞様!!!

 - 管理人のはげコラム

  関連記事

薄毛でも全然大丈夫!はげてしまっても気にしない7つの方法

男なら誰もが恐れることが”薄毛”ですよね。どうしたって日本では薄毛=悪い物だと思われていますし、とにかくハゲるのは恐怖でしかありません。 ...

スカルプDは効果なし!?はげていた宮迫博之の髪の毛が生えた本当の理由を調査

私は20代後半の男性。数年前からある悩みを背負って生きてきた。それは、抜け毛だ。 10代の頃には髪の毛を伸ばしたり染めたりと頭皮を散々...

バレないはげ隠し!髪型から道具まで今すぐ出来る9つの方法まとめ

はげじゃない人からしたら、はげの人をネタにすることというのは正直楽しくてしょうがないことなのかもしれません。 そして、自分自身もはげて...

タバコを吸うとハゲる3つの原因と、今から禁煙出来る15つの方法

タバコはやめられないものです。なぜかというと中毒性があるからですね。自分の意志に関わらず、やめたくてもやめられない人がたくさんいると思います...

今日からパチンコをやめたい!ハゲる原因になる5つの理由

「パチンコ依存症」なんて言葉がある通り、一度ハマってしまうと抜け出せないギャンブルの定番がパチンコです。 どうしてもお金を使いすぎたり...

ちび×でぶ×はげでも諦めるな!恋愛に自信をもてる1つの解決策!

モテる条件として三高と呼ばれるのが「高身長×高学歴×高収入」の3つですよね。これが揃っていたら最強。結婚相手も選び放題です。 しかし、...

短所を武器に!はげてるけど大成功している芸能人で打線組んだ

「はげ」 この2文字の中には多くの怒りや悲しみや怨念が詰まっており、誰もが恐怖しています。   中にはそんなはげ...

このままじゃハゲる!イライラを解消する18つの方法を総まとめ

こんにちわ。スカルプナビ管理人です。 さて、突然のネガティブ発言で申し訳ないのですが、人生って基本辛いものですよね。やっぱり楽しいこと...

彼氏・旦那がはげてきたら教えてあげて欲しい11つのこと

彼氏がはげている 自分は気にしないけど彼氏が薄毛に悩んでいる 付き合った当時はそうでもなかったのに段々はげてきた ...

「あれ?」と思ったら今スグはげ予防を始めるべき19のコト

将来はげたらどうしよう・・・ 男なら誰もが心の中で抱えている不安。それが「ハゲ」ですよね。 普段はハゲをネタにしたり笑ったり、ハ...