スカルプナビ

薄毛や抜け毛などのお悩みをサポートする情報サイト

植毛は薄毛の最終手段!?絶対に知っておきたいメリットとデメリット

薄毛対策といえば様々な方法があります。

そんな中で、効果があるのか分からない育毛剤を試して髪の毛を生やすのではなく、また髪型やかつらなどで隠すようなこともせず、ハゲている部分にピンポイントで毛を植えていくという方法があります。それが植毛ですね。

なにより他の薄毛対策と比べて圧倒的なメリットが、「やったのに効果が出なかった!」なんてことはなく、毛を植えていくので確実に薄毛を改善出来るということ。そしてこれは一時的な対策ではないので一度やってしまえば半永久的に薄毛の悩みから解決出来ると、薄毛の人には大注目の技術なんです。

 

ですが、そんなメリットがありながらも、やっぱりどんなものにもデメリットは付き物ですよね。この植毛にもいくつかのデメリットがあるので、良さそうだからと飛びつかずに、事前にしっかりと理解しておく必要があります。

というわけで今回は植毛のメリットとデメリットをまとめてみました。植毛には大きく分けて「人口毛植毛」と「自毛植毛」の2つの方法があるので、それぞれ分けて、特徴と考えられるデメリットを紹介していきます。

植毛を検討している人は是非チェックしていきましょう。

人口毛植毛

まずは人口毛植毛のメリットとデメリットを紹介していきます。

人口毛植毛とは、実際の髪の毛ではなく合成繊維で作ったものを埋め込んでいく方法です。日本でも増えている手法ですが、どのような特徴があって、どんなデメリットがあるのか。しっかりとチェックしていきましょう。

メリット:自毛と比べて安い

人口毛での植毛の方が、自毛を移植する手術と比べて圧倒的に安くなります。価格はわずか1割程度の予算で済ませることが出来るので、クリニックや本数にもよりますが10万円ほどで出来そうです。

長年悩み続けた薄毛対策が安く出来てしまうというのはとても魅力的ですね。

メリット:自分の毛を使わない

自毛植毛は毛が密集している部分から薄い部分に移植するので、ある程度自分の髪の毛が残っている必要があります。

しかしこちらは人口毛を植えていくだけなので、自分の髪の毛に関わらず増やしていくことが出来ます。

メリット:植えたその日からすぐ

人口毛を植えた瞬間に、一本づつその時から髪の毛を増やしていくことが出来ます。そのため、すぐに髪の毛を増やしたいという人にとっては魔法のような方法だと言えます。

 

以上がメリットですが、この人口毛での植毛には、かなり問題になるようなデメリットがいくつもあります。そちらも紹介していきます。

デメリット:不自然

使用するのは人口毛。合成繊維なので髪の毛ではありません。

いくら植毛して増やしていっても、頭から生えているのは髪の毛ではないので、実感も見た目もやはり不自然なところが出てきてしまいます。取れないかつらをかぶっているようなイメージでしょうか。

デメリット:抜けやすい

人の体は異物が入り込むと排出しようと働くように出来ています。人口毛植毛は人工的に作った合成繊維を頭に埋め込むわけですが、これを体は「異物」と認識してしまうので、結局抜けていってしまいます。

安いとはいってもすぐに抜けてしまっては意味がありませんよね。

デメリット:炎症や感染症に

それでも人口毛がすぐに抜けないようにと、頭皮の奥深くにググっと埋め込んでいくのですが、これがまた問題です。

普通は毛穴に汚れやバイ菌がついていても、毛が生えてくると共にその汚れも押し出していってくれるのですが、人口毛は成長しないためにずっと刺さりっぱなしです。

そうなると溜まった汚れは排出されることなく、逆に最深部にまでどんどんと潜り込んでいってしまいます。

そうなってしまえばアレルギーや感染症を引き起こしたり、肌が化膿してしまいます。

グロテスクすぎて写真は載せられませんが、「植毛 失敗」で画像検索すると、真っ赤になってグズグズになった頭皮の写真が出てきて見ていられません。

 

そういった理由から、とうとうアメリカではこの人口毛を使っての植毛が法律で禁止になってしまいました。しかし日本ではまだ禁止されておらず、今でも行っているクリニックも存在するので、安いからといって絶対にしないようにしましょう。

自毛植毛

というわけで、オススメしたいのがこの自毛植毛です。その名の通り、自分自身に生えている髪の毛を使い、たくさん生えている髪の毛を気になる部分に移植してしまうという方法です。

この自毛植毛ではアメリカなど海外ではメジャーな方法になっており、逆にアデランスやリーブ21のような育毛サロンと呼ばれるものが盛んなのは日本くらいなんです。また、整形大国である韓国では、薄毛対策の常識というくらい一般的ですね。

しかし、日本でもどんどん知名度が上がってきているのでとっても効果的なオススメ出来る方法ではあるのですが、やはりデメリットもあります。

 

ということで自毛植毛のメリットと合わせてデメリットを見ていきましょう。

メリット:なんと毛が伸びてくる!

最大のメリットがこれです。毛を抜いて死んだ毛を埋め込むのではなく、頭皮ごと切り取って移植するために、髪の毛を作り出す毛球などもそのまま作用するために、そこからは髪の毛が半永久的に生えてきます。

これは薄毛の人が夢にまで見た方法ですよね。一度植毛してしまえば隠したりする必要もなくなりますし、激しい運動をして髪型が乱れても、マリンスポーツやお風呂などで濡れても全然問題なくなります。

また、今まで出来なかった好きな髪型にすることも、やりたくて出来なかったことがなんでも可能になってしまいます。

メリット:拒絶反応がない

移植というと炎症やアレルギーがやはり心配になってしまいますが、元々自分自信に生えている物をそのまま場所だけ移動するわけなので、自分の体が受け付けないような拒絶反応がありません。

また、定着率も高いので、何事もなかったかのように自然に手術することが出来るのでとても安心感があります。

 

この2つのメリットだけでも、かなり最高ですよね。今スグにやりたいと焦る気持ちも出てきてしまいます。

が、ちょっと注意したいデメリットもあります。こちらも紹介していきましょう。

デメリット:費用が高額

最新技術を駆使して、誰もが諦める薄毛という悩みを簡単に解決する植毛。なので、もちろん費用は高額になってしまいます。

こちらも植毛する範囲や方法、またクリニックによってもまったく変わってきますが、相場は100万円〜400万円ほど。なかなか手が出せるものではありませんね。

しかし、考え方次第ではこれは安くも感じますね。生えるか分からない育毛剤を試したり育毛シャンプーも安いものでもなく、増毛やかつらなら一時的な誤魔化ししか出来ないのに同じくらいの費用がかかります。

いつまでもそんな対策をしてストレスを抱える人生が数百万円で変えられるのなら、逆に安くて得かもしれません。

デメリット:手術跡が残る

毛を抜いて植えるのではなく、頭皮ごと切り取って移植していくために、切り取った後頭部には傷が残ってしまいます。

もちろん後頭部なので髪の毛で隠せば目立たなくはなりますが、短髪の人は難しそうですね。また、近い関係の人や、美容室で髪の毛を切る時などにはバレてしまいそうです。

しかし、まさか植毛の痕とは知っている人じゃないと分からないので、「子供の頃怪我して縫ったんだー」みたいに誤魔化せば分からなそうですが・・・。

デメリット:髪の毛がないと出来ない

頭頂部や生え際の数センチを埋めるのであれば十分植毛で解決出来ますが、波平さんのような、後頭部以外まったく残っていないくらい進行している人は植毛が難しくなってきます。前に植毛したら後頭部の毛がなくなってしまいますよね。

なので、やはりある程度髪の毛が残っている人でないと出来ない。また、移植するにも限度があるというところはデメリットになるかもしれません。

デメリット:医師の腕によって仕上がりが変わる

この植毛は医療行為なので病院でやってもらうことになりますが、これはまさしく技術的なことになってくるために、お医者さんによって仕上がりが変わってきてしまいます。

特に生え際を不自然にならないように植毛出来るか。これが下手だとまるでペンで書いたような真っ直ぐな生え際になりとっても違和感が出てしまいます。

また、上手く定着出来ずに抜けてしまったり、肌を傷つけたり、髪の毛が変な方向に生えてきてしまってクセになってしまうこともあります。

 

これは一生を左右する問題にもなりかねないので、植毛する時はしっかりとしたクリニックを選んで、実績のある腕の良い医師を探す必要がありますが、それでも人間がすることなので上手くいかないこともあり、仕上がりには運も左右するというデメリットがあります。

デメリット:時間がかかる

機会的にサクサクと植毛出来る人口毛と違い手術に時間がかかります。

また、髪の毛が定着するまでも数ヶ月かかるので、すぐにフサフサになりたい人にはデメリットになるかもしれません。

しかし、その分ちゃんと生えて伸びる髪の毛が出来るので、ここは焦らずに待ちたいですね。

デメリット:抜け毛はへらない

ハゲている部分に髪の毛を植毛して「これで薄毛の悩みから解放される!」と安心したのもつかの間。植毛したからといって髪の毛の後退は止まりません。

無くなった部分を補充することは出来ても、抜け毛は今まで通り止まらないために、植毛した部分は生えているけど、植毛していない部分は時間とともに抜けていってしまい、植毛した部分の周りだけハゲていくという恐ろしいことが起きてしまいます。

さらにその部分も植毛していくということも出来るかもしれませんが、それを繰り返していたら移植する髪の毛がなくなってしまい、整形しすぎた人のようにおかしな髪型になってしまうこともありそうで怖いですね。

 

植毛すれば安心だと思い込まずに、しっかりと薄毛対策を並行してやりつづけることが大事で、それでも生えなかった時の最終手段として植毛という方法を使うのがBESTな方法だと思います。

まとめ

以上植毛のメリットとデメリットでした。長くなったので全体をまとめていきたいと思います。

まず合成繊維を使った人口毛の植毛では、

  1. 自毛と比べて安い
  2. 自分の毛を使わない
  3. 植えたその日からすぐ

というメリットがありますが、一方

  1. 不自然
  2. 抜けやすい
  3. 炎症や感染症に

というような恐ろしいデメリットがあるために、安くても絶対にしてはいけません。

 

次に自毛植毛では、

  1. なんと毛が伸びてくる
  2. 拒絶反応がない

という夢のようなメリットがあります。一方デメリットは、

  1. 費用が高額
  2. 手術跡が残る
  3. 髪の毛がないと出来ない
  4. 医師の腕によって仕上がりが変わる
  5. 時間がかかる
  6. 抜け毛はへらない

決定的なデメリットはないので、これらを十分に理解しておけば大きな問題になることはなさそうですね。

 

さて、植毛のメリット・デメリットを考慮した総合の結果は、

薄毛の最終手段は自毛植毛がオススメです!

植毛することで薄毛の悩みが解決され、今までやりたくても出来なかったことが出来たり、仕事も恋愛もコミュニケーションも、自分に自信を持てるようになるでしょう。

しかし、忘れてはいけないのが、

植毛をしたからと言って安心は出来ない!

ということです。

植毛しても抜け毛を減らすことは出来ません。しっかりと抜け毛対策を並行してしっかりとしていくことが絶対に大切です。

 

薄毛は絶対に治すことのない、仕方のないサダメだと思っていましたが、技術も進化して悩みを解決出来る術ができました。

今まで悩んでいた人も、「いざとなったら植毛!」と心において是非前向きに生きていきましょう!

 - 知っておきたい薄毛対策

  関連記事

話題のiPS細胞とはなにか!?中学生でも分かりやすく簡単に解説

  どんな病気でも治すことが出来る細胞。 そんな魔法のようなことを実現させてしまうというiPS細胞が今とっても話題です...

塗るだけで絶対に効果が出る!育毛剤おすすめランキング5

鏡を見るたび薄毛が気になる 周りからハゲてきたとネタにされる そんな薄毛で悩みだしたあなたが対策を考える時にまず思い浮か...

まずは選択肢を知ろう!薄毛を改善する9つの方法をまとめてみた

人の悩みやコンプレックスはたくさんありますが、それらは大きく2つに分けることが出来ます。 1つは、国籍・背が低いなどの、「対策しようの...

毛生え薬は本当に存在する!99%のはげを治す2つの効果まとめ

透明になれる薬 時間を止められる薬 毛生え薬 これは男の妄想ランキングです。どれも一度は想像したことがあるものです...

増毛したら抜け毛が増えた!?サロンの儲かる方法や手口をマル秘公開

増毛を考えている人 増毛の相談に行ったが迷っている人 すでに増毛を受けて悩んでいる人 薄毛で悩む多くの人がまず思い浮かぶ...

なにが正しいの!?巷に溢れる9つの発毛方法はホントなのか検証してみた

「発毛」を謳っている商品、会社はたくさんあります。また「これをすると髪の毛が生える」というような言い伝えや噂もいくつも聞くことがあります。 ...

値段も高いし抜け毛も増える!かつらをかぶる10つのデメリット

薄毛に悩んでいて、どうにか隠していたいと思った時にまず思い浮かんでしまうのがかつらです。 生えるか生えないか分からないようなサロンに高...

薄毛には種類がある!?6タイプの症状と対策方法をまとめてみた

薄毛の症状が出てきている人は日本で約1300万人もいると言われています。4人に1人と考えるとかなり多く感じますよね。 そして現在では、...

枕を見るのが怖い…。11つの抜け毛の原因まとめ【男性版】

  誰もが「いつかは」と恐れる薄毛の恐怖。 朝起きて枕を見たら毛がビッシリついていた シャンプーしたあと排水口を...

チャップアップの口コミで効果がある人とない人がいる3つの理由

育毛剤選びってなかなか難しいですよね。私も初めて買う時にはかなり抵抗があったし、そもそも本当に効果があるものなのかと半信半疑なところもありま...